マンツーマンレッスンとグループレッスンの違い

マンツーマンレッスンとグループレッスンの違いを料理教室の講師に聞いてみました。

 

マンツーマン料理教室とグループ料理教室の違い


マンツーマンレッスンは、講師1人と受講生1人行います。
グループレッスンは、数人(3名から5名程度が一般的)で1つのグループを作り、共同作業でレッスンを進めます。講師の人数は、グループごとに1人であったり、複数のグループを1人の講師が担当する場合もあるようです。

 

グループレッスンの良い点・悪い点

グループレッスンの良い点

  1. 自分と同じような料理好きの仲間とと一緒にコミュニケーションを取りながら共同作業と食事を楽しむことができる。
  2. 料理に興味のある仲間との情報交換ができる。

同じような悩みを持つ仲間ができると、励みになることもあるでしょう。

 

悪い点

  1. 個人に合わせた指導を受けづらい。ある程度の個人的な指導は受けられても、一人ひとりにかけてもらえる時間は限られます。
  2. グループ内で不公平さを感じてしまう。

ある人は要領良く動いてたくさんの工程にかかわることができたけれど、ある人は洗い物を担当している時間が多くなってしまい料理にあまりかかわることができなかった、ということが不満としてよくあるようです。

 

マンツーマンレッスンの良い点・悪い点

マンツーマンレッスンの良い点

  1. 本人の料理経験に合わせた最適な指導が受けられる。
  2. 自分の生活スタイル、好みに合わせたアドバイスが受けられる。
  3. 味の好みや、栄養バランスのほか、生活スタイルに合わせた時短のテクニック、食事形態に合わせた盛り付けの方法など、自分に必要なことを教えてもらうことができます。
  4. 料理を学んで楽しむことのみに集中できる。グループレッスンのように他の人の動きを気にする必要がありません。

 

マンツーマンレッスンの悪い点

  1. 料金は割高になります。
  2. 1人で受講することになるので、最初は緊張する方も多いようです。しかし、料理人である講師はおもてなしのプロです。すぐに慣れることができるでしょう。

 

マンツーマンレッスンの料理教室をオススメする理由


知りたいこと、習得したいことは料理経験によって全く違いますし、個人の好みや生活スタイルなどによって知りたいこともさまざまでしょう。
マンツーマンレッスンだと、知りたいことをその場ですぐに聞くことができ、レベルに合わせて丁寧な指導を受けられます。
マンツーマンレッスンの料理教室をオススメするのは、本当に必要な料理スキルを効率よく身につける最適の方法だからです。
ライザップクックの体験談はこちら

 

まとめ

自分で料理が作れるようになると、生活の質が格段に向上します。
多くの人がそのことに気づいているからこそ、便利で使いやすい料理の情報に人が集まるのでしょう。
料理のスキルに自信が持てると、生活は変わり、世界はどんどん広がります。
入り口でくじけないためにも、短期集中型のマンツーマンのレッスンから始めるのが最適の選択かもしれません。
マンツーマンで教えてもらうということはつまり、経験豊富なプロの料理人を独り占めできるということです。
それは、初心者にも、もっと上手になりたい料理好きの人にも、とても贅沢で価値のある時間となるでしょう。

 

 

おすすめマンツーマン料理教室の無料カウンセリングに参加してみませんか?
体験・カウンセリングはこちら

 

 

 

 

 

page top